クラミジアが引き起こす症状とは。感染原因と正しい治療法を知ろう

クラミジア感染症の症状

ここではクラジミア感染症を発症した場合に、男性と女性でどのような症状が現れるのか紹介していきます。
症状は尿道、子宮、喉、肺などの部位に発症することが報告されています。
実際どんな病気になってしまうのか見ていきましょう!

女性の場合はこんな症状

女性がクラミジアに感染した場合の症状
女性がクラミジアを発症した場合、急性腹膜炎、子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎等が起こる可能性があります。

初期症状としては、あまり自覚意識がありません。
実に半数以上の人が感染した後も気づいておらず、感染したまま放置し、卵管炎などの症状になってやっと気づくと言われています。

症状が進行してしまうと、おりものの増加や不正出血、性行為時の痛み、下腹部の痛みなどが違和感として出てきます。
また最悪の場合、産道を経由して胎児への影響も考えられ、妊娠中の人は新生児に影響が出てしまうことも。

新生児の結膜炎や肺炎を引き起こしてしまう可能性もあり、妊娠中のセックスは注意が必要です。

また妊娠中の場合にクラミジアを発症してしまうと絨毛膜羊膜炎になり、膣に常在菌が滞留し、炎症性疾患を起こしてしまうことがあります。
その結果、頸管熟化、前期破水、子宮縮小などを引き起こし、早産の原因となってしまうことも考えられます。

男性の場合はこんな症状

男性がクラミジアに感染した場合の症状
男性がクラミジア感染症になって最も現れやすいのが尿道への影響。
クラミジアが尿道に滞留してしまうと、尿道炎や精巣上体炎などの症状が出てきます。

尿道炎はクラミジアが尿道で炎症起こし、尿、血液や精子の流れが悪くなってしまう状態。
おしっこする時に痛みを生じたり、違和感を覚えることがあります。
また特定の部位だけが痛んだり、赤くなったり、膿が出ることもあります。

精巣上体炎は精巣部に細菌が侵入し、痛みを生み出す症状。
尿道を経由してクラミジアが侵入し、局部の肥大化や激痛を伴うことがあります。

初期症状としては尿道の不快感や違和感、排尿時の痛み精巣の腫れなどがあります。
こちらも女性と同様に初期段階ではなかなか自覚症状が生まれず、感染していることに気づかないことがほとんど。

原因を特定できず放置しておくと、前立腺や血清液症に陥ってしまうこともあります。
前立腺炎になってしまうと排尿が困難になったり、発熱する可能性もあるのでそこまで症状が悪化する前に治療すべきでしょう。

以上、クラミジア感染症の男女別、症状についてご紹介しました。
男女いずれも性器への影響が最も大きいです。
オーラルセックスによって女性の場合は、喉に細菌が付着してしまうこともあるので注意が必要です。